トップメッセージ

理研ビタミン株式会社 代表取締役社長 山木 一彦

理研ビタミングループは「社会に対し、食を通じて健康と豊かな食生活を提供する」ことを経営理念の第一に掲げ、良き伝統である“自由闊達な社風”を基盤においてコア事業と位置付ける「食品事業」、「改良剤事業」、「ヘルスケア事業」の各領域において新しい価値を創造するような商品を提供することで、社会の持続的発展に貢献してゆく所存です。

かつて、「良き企業人である前に良き社会人たれ」と言われましたが、今や良き企業人は良き社会人とイコールであり、社会的責任を果たすことが当然のように求められるようになっています。
今企業に求められる社会的責任(CSR)とは「企業が社会の一員として、社会と企業の持続的な発展を目指して、主要なステークホルダーとの相互交流を深め、経済・環境・社会問題について、社会の信頼を得るために役割と責任を果たすよう、自主的に取り組むことである」という、より責任レベルが高い概念であります。

本業の事業領域において、どのように自らの社会的価値を効果的に創造してゆくかに挑戦しながら、CSR経営の精神に根差した企業文化を育み国際社会で永続的に存在感のある企業として発展してゆきたいと思っています。