研究開発

自然の恵みを生かす優れた技術と、人の健康を願う開発姿勢が、食の未来を創造します。

すべての基となった革新的なビタミンA抽出技術

技術イメージ

理研ビタミンの母体となる「理化学研究所」は、1917年(大正6年)に創設され、ノーベル賞学者 湯川秀樹、朝永振一郎や、ビタミンAの抽出に成功した高橋克己博士など、多くの優秀な人材を輩出しました。
1938年(昭和13年)、同研究所の成果を工業化するため理研栄養薬品株式会社が発足。1949年(昭和24年)、同社からビタミンA部門を引き継ぎ、理研ビタミン油株式会社を設立。1980年(昭和55年)、社名変更により、現在の理研ビタミン株式会社になりました。
ビタミンAの工業的濃縮技術「分子蒸留法」は、理研ビタミンにとって、すべての基となる革新的な技術でした。

天然物の有効利用が確かな品質と技術を育む

私たちの研究開発を支えているのが「天然物の有効利用を図る」という思想です。各種ビタミンをはじめ、肉エキス、色素抽出、モノグリセライドの蒸留濃縮、ビタミンのカプセル化・ビーズ化など、これらすべてにそのポリシーが息づき、私たちの理念である「自然と科学技術の調和」を推進しています。
自然の恩恵を生かす技術と、人々の健康を願う真摯な開発姿勢。これらが一体となり、理研ビタミンの独創的な製品づくりに活かされているのです。

健康と未来を見すえるライフインダストリー

理研ビタミンは食のエポックメーカーとして、「リケンのノンオイル」「わかめスープ」など、常に新しく意欲的な製品を開発してきました。そして今、さらに目を向けているのがライフインダストリーです。
ライフインダストリーとは、今まで培った独創的な技術と開発姿勢をもとに、人の健康に関わる製品を研究開発することです。私たちは人々の健康と未来を見据え、ファインフード、ファインケミカル、バイオテクノロジーといった分野にも積極的に取り組んでいきます。

食品開発

食品開発イメージ

食品開発部は主に調味料関連商品と、わかめ等海藻関連商品の開発を担当しています。

前者の代表例は「リケンのノンオイル」や「素材力だし®」であり、後者のそれは「ふえるわかめちゃん®」や「わかめスープ」です。

これらの商品はいずれも自社で開発した原料や調味料、また独自の技術等を駆使し完成させたものです。

家庭用食品、学校給食や産業給食等の業務用食品、あるいは特定需要家を対象とした加工食品の各ルートで消費者の元に届けられ、発売以来多くのお客さまから支持を得ています。

食品開発は、消費者の嗜好や生活者のライフスタイル等の市場調査等を参考にして商品設計を行います。多様化するニーズに応え、皆さまから喜んでいただけるような「安全で健康、かつ美味しい食品」の開発を今後も行っていきたいと考えています。

改良剤開発

改良剤開発イメージ

食品改良剤開発部は大きく分類しますと、乳化剤を中心とした改良剤部門とビタミン部門及び色素部門に分けられます。

独自の反応や蒸留技術により得られるモノグリセライドをはじめとした各種乳化剤や、その乳化剤の機能を最大限に引き出すよう設計された改良剤製剤を開発しました。

また、当社の高度な精製、生産技術、製剤化ノウハウを駆使した天然ビタミンEや天然色素の高付加価値製剤を開発し、ユーザーに提供してきました。

さらに多様なニーズに答えるため、各種アプリケーションを開発し、加工食品の品質向上のための研究を日々行っています。 これらの製品は、国内はもとより世界各地で幅広く利用されています。

消費者の皆さまが直接調理に使うものではないのでご存知の方は少ないのですが、加工食品業界では弊社製品は高い評価を得ています。 多くの加工食品に使われている弊社製品を、きっとあなたも口にしているはずです。

化成品開発

化成品開発イメージ

化成品分野については、用途として最も販売量の多いプラスチック用添加剤をはじめとしてゴム、化粧品、繊維、潤滑油及び塗料などの添加剤があります。

化成品分野へ進出した当初は、食品添加物で安全であるという特長を前面に出し、主に食品包装用プラスチックや容器が対象でしたが、その後食品添加物ではないが安全性の高い各種脂肪酸エステルを開発し、様々な用途に販路を広げています。

原料・素材開発

原料・素材開発イメージ

食品素材開発部は、農・水・畜産物を原料として製造される各種エキス類及びその配合調味料を開発しています。これらのエキス・調味料は食品に添加することにより、旨味、コク味、濃厚感、まろやかさ、 調理感といったおいしい味づくりにかかせない風味を付与したり、マスキング効果といった機能を付与することができます。そのため、種々の加工食品に幅広く利用されています。

主な製品としては、ほたてエキス、オイスタージュース、魚醤、かつおエキス、かつお節エキス等の水産エキスとビーフエキス、およびチキンエキス、ポークエキスならびにそれらのクッキングタイプ等の畜肉エキス、及びそれらエキスを主原料とした各種調味料があります。

ヘルスケア開発

ヘルスケア開発イメージ

当社は、会社創立当初から人間の健康に寄与するビタミンや食品の開発を行ってきました。

また、古来より日本人に親しまれている天然健康素材であるわかめを中心とした海藻の健康効果についても、長い間研究を続けてきました。その結果、機能性食品素材としてメカブフコイダンを開発しました。

海藻以外でも、当社が古くから手がけている色素に関連した研究を行い、クチナシ黄色素の主成分クロセチンに健康効果を見出しました。

今後も“自然と科学との調和”を基本に、お客さまの健康と豊かな食生活に貢献できる商品の開発を進めていきたいと考えています。