身近にあるリケン

理研ビタミンの製品をご紹介します。
それぞれをクリックすると理研ビタミンの製品が表示されます。

生活を支える理研ビタミン

理研ビタミンの製品は、私たちの近くで生活を支えています。
たとえば、ご家庭での食卓から学校給食、コンビニまで、理研ビタミンの「食品」は私たちにとって欠かせない毎日の食事を豊かにしています。
また、食品そのものだけではなく、商店街などで買うことのできるお弁当やパン、お菓子には「改良剤」が使用され、よりおいしい食感や味を引き出す一役を担っています。
その他、農家の農業用ハウスの品質向上への貢献や、薬局で買うことのできるサプリメントなどでも理研ビタミンの技術が活かされています。

家庭用食品

乾燥カットわかめ
家庭用食品への参入はわかめ事業によって行われました。保存性・簡便性を追求した「カール状乾燥わかめ」の開発により、1976年に「ふえるわかめちゃん®」を発売。これが天然調味料やスープの調味技術と融合し、「わかめスープ」の開発にもつながりました。健康志向の高まりから、ヘルシーなわかめが話題に上ることも増えています。
化学調味料と食塩無添加 だしの素
だしの素に関する当社の歴史は深く、1964年に業務用「和風だしの素」を発売しています。その後、食塩や化学調味料を使用していないだしを使いたいというニーズから、「素材力だし®」を2000年に発売。素材の良さを楽しめて、塩分摂取量を気にせず使える商品は、だしの素市場に一石を投じました。
ノンオイルドレッシング
ノンオイルドレッシングのはじまりは、1986年に発売された「生海藻サラダ(ノンオイルドレッシング青じそ付き)」です。生海藻サラダもさることながら、「ドレッシングだけでもぜひ欲しい」というお客様の声にお応えし、1989年に「ノンオイルスーパードレッシング青じそ(当時)」を発売しました。おいしさとノンオイルならではの汎用性が支持され、現在では多様なラインアップをそろえています。

業務用食品

わかめご飯の素
学校給食で人気の献立、わかめご飯。当社のわかめご飯の素を使うことで、大量に、簡単に、そしておいしく作ることができます。当社はわかめ製品に強みがあり、わかめご飯の素だけでも「青じそ」や「くきわかめ」など様々なラインアップがあり、学校給食向けには、噛むことを意識させる、食育につながるような商品もあります。
粉末スープの素
当社の業務用食品のはじまりは、洋風粉末調味料「スープストック」で、1963年に発売されました。当社の強みである抽出技術を用いたエキスの開発が、当社独自のブランド(ナショナルブランド)商品につながったのです。現在では和・洋・中と幅を広げ、粉末以外にもレトルトタイプなど、バリエーション豊かなラインアップがそろっています。
ヘルシーファーム®シリーズ・笑顔でランチ®シリーズ
当社の業務用食品は幅広いラインアップがありますが、学校給食向けに「ヘルシーファーム®」シリーズと「笑顔でランチ®」シリーズがあります。これは「食材の持つ本来の味を教えたい」という栄養士の方々の声にお応えする商品で、「調味料(アミノ酸・核酸)を使用しない」などの特長があります。ドレッシングからシチューベースまで、幅広い商品がそろっています。

加工食品用原料

粉末ラーメンスープ
当社の食品事業の始まりは1959年の「肉エキス製造技術の確立」でした。これをラーメンの即席スープとして販売し、インスタントラーメン業界の躍進とともに大きく飛躍しました。ここで培われた調味技術が、後の当社のナショナルブランド製品である業務用食品の「スープストック」や家庭用食品の「わかめスープ」へとつながっていきました。
シーズニング
スナック菓子には味付けの粉末が使用されています。これがシーズニングです。市場には多種多様な味付けのスナック菓子がありますが、当社のエキス抽出技術と調味技術を活かして、幅広い種類のシーズニングを提供しています。皆さんが「おいしい」と思っているお菓子のその味は、当社で生み出されたものかもしれません。

食品用改良剤

食感改良
パンがよりふっくらとした焼き上がりになるよう、当社の品質改良剤が使用されています。また、手作りのパンは時間が経つと固くなっていってしまいますが、市販されているパンは数日経っても柔らかいままおいしく食べられます。このおいしさをひきたたせるため、当社の品質改良剤が使われています。
起泡
当社の食品用改良剤を使うことで、製造時の泡立ちを促進し、クリームの口どけを良くしたり、ケーキをふっくらさせることができます。お客さまの立場に立ち、食感を良くするだけでなく風味も損ねない、総合的な品質向上を目指しています。
消泡
製造中に生じる泡を消し、豆腐をなめらかにしたり、大量生産を可能にするために当社の豆腐用消泡剤が使用されています。50年以上の歴史があり、当分野では豆腐業界のリーディングカンパニーとして、市場に一目を置かれる存在です。
天然色素
クチナシやパプリカといった植物由来や、紅麹菌などの菌類といった天然資源から抽出した色素が、和菓子や中華めん、漬物などのさまざまな食品に使われています。見た目を華やかにすることでおいしさを演出する役割を担っています。
日持ち向上
お弁当などの惣菜を日持ちさせる改良剤も理研ビタミンでは扱っています。理研ビタミンの品質改良剤にはさまざまなタイプがあり、それぞれの食品に適した品質改良剤を用いることで高い静菌効果を発揮させることができ、おいしさを長い間演出しています。

化成品用改良剤

防曇
防曇剤はプラスチックの表面を親水性にすることで、曇らないようにする化成品用改良剤です。農業用ハウスが曇ってしまうと、ハウス内に陽が射しづらくなり農作物の成長が阻害されてしまうので、防曇剤が使われています。他にも食品包装用のラップフィルムなど、さまざまな製品に当社の防曇剤をはじめとした化成品用改良剤が使われています。

ヘルスケア

ビタミン
当社のはじまりは天然ビタミンAの抽出でしたが、現在は天然ビタミンEを中心に製造しています。ビタミンは健康の維持に必須の栄養素です。製薬メーカーや健康食品メーカーなど多くの企業に提供しており、さまざまな医薬品やサプリメントなどに使用されています。
健康機能素材
天然資源から健康成分を抽出し、素材として健康食品メーカーや医薬品メーカーなどに提供しています。たとえば、海藻の健康効果に着目し、高めの血圧を下げる「わかめペプチド」や、免疫を高める「メカブフコイダン」などを開発してきました。また、健康機能食品について「サポートプラス」という自社ブランドがあり、直接一般消費者の方々にも販売を行っています。
page top