ホーム > 商品情報 > ドレッシング > ブランドストーリー > 原点

原点

ノンオイルドレッシング家庭用商品として「ノンオイルスーパードレッシング(現「リケンのノンオイル」)」を発売したのは1989年(平成元年)2月で、当時は190mlだけを発売しています。

「ドレッシング」の経緯

1986年 (昭和61年) 6月、家庭用商品として「生海草サラダ (ノンオイルドレッシング青じそ付き)」を発売しました。

この商品が後の「ノンオイルスーパードレッシングシリーズ」の発売のきっかけとなりました。

この「生海草サラダ (ノンオイルドレッシング青じそ付き)」は、本体の生海草サラダもさることながら、添付した「ノンオイルドレッシング青じそ」への関心が高く、大変な評価を頂いたのです。

それだけでなく「ドレッシングだけ是非欲しい」というお客様の声が多数寄せられ、スーパーマーケットの担当者などからも商品化の希望が多くなりました。

このようなお客様のご要望やご意見を真剣に検討し、遂に家庭用商品として「ノンオイルスーパードレッシング青じそ」を発売するに至りました。

今までにない美味しさとノンオイルならではの汎用性で多くのお客様のご支持を頂いています。

ノンオイルドレッシング 青じそ・中華ごま・イタリアンバジルその後、シリーズ化を行い、「中華ごま」「イタリアン風バジル」等の人気アイテムもラインアップに加え好評を博しております。

ドレッシング
ドレッシングについて
リケンのノンオイルシリーズ
リケンのノンオイル
セレクティ®シリーズ
リケンサラダデュオ®
シリーズ

▲ このページの先頭に戻る