ホーム > 商品情報 > ドレッシング > ブランドストーリー「ドレッシング」編

ブランドストーリー「ドレッシング」編

ブランドストーリー「ドレッシング」編

原点原点

1986年 (昭和61年) 6月、家庭用商品として生海草サラダ (ノンオイルドレッシング青じそ付き) を発売しました。この商品が「リケンのノンオイル(発売当時はノンオイルスーパードレッシング)」の誕生のきっかけとなりました。

素材の追求素材の追求

わかめをサラダとして食べてもらうには、わかめ独特のいわゆる海藻臭を消す必要があります。それには既存のドレッシングでは難点があり、専用のドレッシングの商品開発が必要でした。

開発現場開発現場

開発の基本は「安全・健康・美味しさ」を基本として検討を進めます。お客様にとって安心できる商品の開発を心がけて基本を追求してゆきます。

技術者のこだわり技術者のこだわり

「安全・健康・美味しさ」を開発のコンセプトとして検討を進めます。お客様にとって安心できる商品の開発を心がけて基本を追求してゆきます。

高評高評

発売と同時に爆発的な人気を博し、その売り上げ伸長は目を見張るほどでした。

未来未来

2005年(平成17年)2月には「セレクティシリーズ」を発売。そして、2010年(平成22年)2月には、それまでの「ノンオイルスーパードレッシング」から「リケンのノンオイル」にブランドを一新しました。

その他のカテゴリを見る

ドレッシング
ドレッシングについて
リケンのノンオイルシリーズ
リケンのノンオイル
セレクティ®シリーズ
リケンサラダデュオ®
シリーズ

▲ このページの先頭に戻る