HOME>わかめペプチドとは?

わかめ由来の降圧ペプチド わかめペプチドとは?

“わかめの理研”が開発した降圧作用をもつ成分、それが「わかめペプチド」です。

わかめの健康効果について研究を続けた結果たどりついた新しい血圧安定成分「わかめペプチド」

理研ビタミンでは、海藻を多く食べている地域の人たちに脳卒中が少ないことに着目し、わかめの健康効果を研究し続けてきました。そして、独自の技術と東北大学との共同研究などから発見したのが血圧を安定させる働きをもつ「わかめペプチド」です。

理研ビタミン株式会社 わかめペプチド開発担当

わかめペプチドってどんなもの?

わかめペプチドは、わかめ由来の降圧成分です。

理研ビタミンは、海藻、特にわかめの健康効果について研究を続けてきました。その結果、わかめには血圧を抑える働きがあることが分かってきました。そこからさらに研究を進め、東北大学との共同研究などから、わかめのたんぱく質を酵素で分解してできるアミノ酸の結合体(ペプチド)が、血圧を下げることを発見しました。

このわかめ由来の新しい血圧安定成分を「わかめペプチド」と名付けました。「わかめペプチド」はペプチドの集まりですが、中でも代表的なものはアミノ酸が2つ結合したペプチドで、フェニルアラニルチロシン、バリルチロシン、イソロイシルチロシンの3種類です。

わかめペプチドはどうやって血圧を下げるの?

わかめペプチドはACE(アンジオテンシン変換酵素)の働きを弱めて、血圧を下げるのです。

血液中のアンジオテンシンⅠが、ACEの作用でアンジオテンシンⅡになると、血管を強く収縮し、血圧が上昇します。また、ACEは血圧降下の働きがあるブラジキニンを分解し、働けないようにしてしまいます。わかめペプチドは、このACEの働きを弱め、「アンジオテンシンⅡをつくらないようにする」と同時に「ブラジキニンを分解から守る」というダブルの効果によって、血圧が上昇しないように働きます。

血圧が上がるメカニズムと血圧を安定させるWのはたらきのイメージ図

理研ビタミンのわかめの健康効果に関する研究の結晶である「わかめペプチド」。このわかめペプチドを配合した食品は、厚生労働省や食品安全委員会でので厳しい審査を経て、「血圧が高めの方に」適した特定保健用食品として認められています。

血圧を下げる、わかめペプチドの効果を症状ごとに見てみよう!

高血圧 血圧を測ると数値が高い 塩分を気にしているが、減らせない…

わかめ由来の降圧ペプチドわかめペプチド

  • わかめペプチドとは
  • 高血圧