HOME>メカブフコイダンとは?>アレルギー

メカブフコイダン

アレルギー

こんな症状をメカブフコイダンで軽減しよう! 毎年花粉の季節がつらい… アトピー性皮膚炎で肌がかゆい…

1.アレルギー患者は年々増加

免疫バランスの乱れにより引き起こされるアレルギー

春や秋の花粉の季節になると、鼻がムズムズ、目がかゆい!という症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか。花粉症をわずらう方は年々増加しているといわれています。花粉のように、私たちの身体にとって悪さをしない物質に対しても免疫機能が過敏に反応し、鼻水や眼のかゆみなどの症状を引き起こすのがアレルギーです。免疫バランスの乱れにより引き起こされるアレルギーは生活の質(Quality of Life)を低下させる大きな悩みの一つです。

理研ビタミンが行った試験から、メカブフコイダンがアレルギー症状をやわらげるのに有効であることがわかっています。

詳細な試験内容について見ていきましょう。

2.メカブフコイダンがアレルギーを優しくやわらげる

メカブフコイダンで花粉症の症状が緩和されることがわかりました。

理研ビタミンでは、メカブフコイダンを摂取することで花粉症の症状が緩和されるかどうか検討しました。

メカブフコイダンの花粉症に対する効果の検討 イメージ図

被験者

花粉症の症状を自覚する男女32名

試験食

メカブ抽出物※1 300mgを含むカプセルまたはプラセボカプセル※2

※1 メカブフコイダンを80%含む。

※2 メカブフコイダンの入っていない試験食のこと。被験者がどちらのカプセルを摂取しているか区別がつかないように、そっくりな見た目になるように作られています。

試験方法

被験者を無作為に2グループ(メカブフコイダン摂取群16名、プラセボ摂取群16名)にわけ、花粉が飛散する1ヶ月前より、11週間にわたり毎日試験食品を摂取してもらいました。目の症状として、かゆみと涙について自覚症状をスコア化(0:症状なし〜4:重症)して記入してもらいました。かゆみと涙のうち、より重症を示すものを目の症状スコアとし、検証しました。

フコイダン/プラセボの摂取前と摂取後の花粉症の症状のグラフ

試験結果

メカブフコイダン摂取グループでは、プラセボ摂取グループと比較し、花粉症の症状が抑えらていることがわかりました。

(出典:理研ビタミン)

メカブフコイダンの摂取により、花粉症の症状が抑えられることがわかりました。メカブフコイダンには、免疫バランスを調節する機能が期待できます。

インフルエンザ・風邪 インフルエンザにはかかりたくない! 最近、風邪をひきやすくなったな…

その他の健康成分も知ろう!

  • その黄色はカラダにやさしい クロセチン
  • 海藻由来の“ダイエット”成分 海藻ポリフェノール
  • わかめ由来の降圧ペプチド わかめペプチド
  • 「みかん」や「パプリカ」に含まれるスーパーカロテノイド β-クリプトキサンチン

免疫力を高めるネバネバ成分メカブフコイダン

  • メカブフコイダンとは?
  • インフルエンザ・風邪
  • アレルギー