ホーム > 会社情報 > 研究開発

研究開発

自然の恵みを生かす優れた技術と、人の健康を願う開発姿勢が、食の未来を創造します。

すべての基となった革新的なビタミンA抽出技術

技術イメージ理研ビタミンの母体となる「理化学研究所」は、1917年 (大正6年) に創設され、ノーベル賞学者 湯川秀樹、朝永振一郎や、ビタミンAの抽出に成功した高橋克己博士など、多くの優秀な人材を輩出しました。

1938年 (昭和13年)、同研究所の成果を工業化するため理研栄養薬品株式会社が発足。1949年 (昭和24年)、同社からビタミンA部門を引き継ぎ、理研ビタミン油株式会社を設立。1980年 (昭和55年)、社名変更により、現在の理研ビタミン株式会社になりました。

ビタミンAの工業的濃縮技術「分子蒸留法」は、理研ビタミンにとって、すべての基となる革新的な技術でした。

天然物の有効利用が確かな品質と技術を育む

私たちの研究開発を支えているのが「天然物の有効利用を図る」という思想です。各種ビタミンをはじめ、肉エキス、色素抽出、モノグリセライドの蒸留濃縮、ビタミンのカプセル化・ビーズ化など、これらすべてにそのポリシーが息づき、私たちの理念である「自然と科学技術の調和」を推進しています。

自然の恩恵を生かす技術と、人々の健康を願う真摯な開発姿勢。これらが一体となり、理研ビタミンの独創的な製品づくりに生かされているのです。

健康と未来を見すえるライフインダストリー

理研ビタミンは食のエポックメーカーとして、「リケンのノンオイル」「わかめスープ」など、常に新しく意欲的な製品を開発してきました。そして今、さらに目を向けているのがライフインダストリーです。

リケンのノンオイル

わかめスープ

今まで培った独創的な技術と開発姿勢をもとに、人の健康に関わる医薬品や食品を研究開発することです。私たちは人々の健康と未来を見すえ、ファインフード、ファインケミカル、バイオテクノロジーといった分野にも積極的に取り組んでいきます。

技術支援・マーケティング

食品開発

改良剤開発

化成品開発

原料素材開発

ヘルスケア開発

学会発表

論文発表

研究開発
技術支援・
マーケティング
食品開発
改良剤開発
化成品開発
原料素材開発
ヘルスケア開発
学会発表
論文発表

▲ このページの先頭に戻る