ホーム > 会社情報 > 品質管理・体制 > トレーサビリティ (Traceability)

トレーサビリティ (Traceability)

理研ビタミンは、トレーサビリティシステムを導入し、安心、安全な製品の供給につとめております。

トレーサビリティ (Traceability)イメージ 食中毒問題、BSE問題、産地偽装問題等から始まった食への不安。それを解消するために、「産地、原料から製品、食卓へ顔の見える関係の構築」を合言葉に、色々なトレーサビリティシステムが構築されてきました。

ある商品がどこで製造されていたのか? どのように加工されたのか? どのように流通されたのか?
使用された原料は、どこでどのように栽培されたのか? といった情報を、必要なときに速やかに追跡・遡及できるようにするシステムが、トレーサビリティシステムです。

原料購入 → 受入れ検査 → 加工生産 → 品質検査 → 出荷許可 → 出荷→ 納入

関連する情報を見る

品質管理・体制
トレーサビリティ
品質マネジメント

▲ このページの先頭に戻る