ホーム > 会社情報 > 歴史

歴史

歴史イメージ理研ビタミンは、ビタミンAの抽出技術を起点に、天然物の有効利用を図りながら、独創的な製品づくりを続けてきました。これからも健康と未来を見据えた取組みを続けてまいります。

ビタミンA開発で培った経験を活かして

理研ビタミンのルーツは、「理化学研究所」 (1917年 (大正6年) 創立) にさかのぼります。この研究所からは、ノーベル賞学者をはじめ、ビタミンB1の発見、ビタミンAの抽出等、広い分野にわたり、優秀な多くの人材が輩出しました。その後、ビタミンA部門を引き継いだのが、理研ビタミン油株式会社 (1949年 (昭和24年) 設立) です。

更に、社名変更により、現在の理研ビタミン株式会社 (1980年 (昭和55年)) となりました。ビタミンAの工業的濃縮技術「分子蒸留法」は、理研ビタミンの技術的出発点となりました。

ポリシーは「天然物の有効利用」

天然肝油から高品質のビタミンAを抽出し量産体制へ踏み出して以来、私たちの研究開発には、一貫して「天然物の有効利用を図る」というポリシーが受け継がれています。

ビタミンをはじめ、肉エキス、色素などを抽出する技術、モノグリセライドの蒸留濃縮技術、わかめ製品の加工技術、ビタミンのカプセル化・ビーズ化などの加工技術、これらすべての技術にそのポリシーが流れています。

未来をしっかりと見据えた研究

理研ビタミンはノンオイルスーパードレッシング、わかめスープなどを開発し、食品メーカーとしてのポジションを堅実に築いていきながら、未来の事業にも広く意欲的な目を向けています。その一つが、21世紀型産業ともいわれるライフ・インダストリー。人間の健康に関わる医薬品や食品を研究開発し、社会的にも要請の強い分野です。

ノンオイルスーパードレッシング

わかめスープ

私たちは、独自の技術力と開発姿勢をもとに、ファインフード、ファインケミカル、バイオテクノロジーといった分野にも積極的に取り組んでいます。

歴史
1949年〜1970年
1970年〜1990年
1990年〜

▲ このページの先頭に戻る