ホーム > 会社情報 > 歴史 > 1949年〜1970年

1949年〜1970年

技術の軌跡

理研ビタミンの歴史は、まさに技術革新の歩みであったといえます。ビタミンAで国内トップメーカーの地位を築いただけでなく、モノグリセライドや、肉エキスを中心とした各種調味料の製造に成功をおさめ、さらに調理食品の技術を確立。これが以後、食品事業を志向する基礎となり、わかめを原料とする製品、レトルト食品、ドレッシングなどの多くのヒット食品を生み出しました。

今後も独自の技術力と開発姿勢をもとに、食品を中心として、ファインケミカル、バイオテクノロジーの分野にも積極的に挑戦していきます。

 

1949年 (昭和24年)〜

 

1953年 (昭和28年)〜

 

1960年 (昭和35年)〜

 

1965年 (昭和40年)〜

歴史
1949年〜1970年
1970年〜1990年
1990年〜

▲ このページの先頭に戻る