ホーム > 会社情報 > CSR > 食育の取り組み > 食育イベントに協力

食育イベントに協力

当社は、自治体等で主催する食育イベントへのブース出展や、「ミニわかめ授業」実施を通じ、食品企業として、将来を担う子供たちの健康維持・向上を願い、活動しております。

足立区 春の花火と千本桜まつり

当社は4月に足立区舎人公園で開催された「春の花火と千本桜まつり」の「からだづくり体験ひろば〜やってみよう、みてみよう!〜」のコーナーに食育ブースを出展しました。
ブース前ではわかめに関するクイズを出題。また、三陸産のわかめ原藻を展示し、ふだん見たり触ったりする機会のない来場者の方々に、わかめ原藻の大きさや感触を体感していただきました。
また、1日2回、スタッフ扮するわかめ博士による「ミニわかめ授業」を実施。わかめが持つ健康パワーについて○×クイズ形式で出題し、参加者の皆さんに楽しみながら学習していただきました。

わかめ原藻に触れるお子さん

わかめ原藻に触れるお子さん

ミニわかめ授業の様子(写真提供 水産経済新聞より)

ミニわかめ授業の様子
(写真提供 水産経済新聞より)

足立区 おいしい給食&食育フェスタ

当社は10月に足立区立島根小学校で開催された「おいしい給食&食育フェスタ」に出展しました。
ブース前では、「わかめはいつ頃から食べられているか?」、「わかめと一緒に食べるとカルシウムの吸収が増える食材は?」といったクイズを出題。また、普段直接見る機会の少ない「わかめ原藻」に触れたお子さんたちは、「ヌルヌルして気持ちいい」「初めて観た〜」と感動した様子でした。
ランチタイムには、わかめ博士に扮したスタッフによる「ミニわかめ授業」を実施。ここでも出題されたクイズに、集まったお子さんたちは元気よく答えていました。授業後には「わかめご飯」をご試食いただきました。
「美味しい!」との声を多く頂戴し、スタッフ一同感激の1日でした。

プース前で「わかめ原藻」を紹介

プース前で「わかめ原藻」を紹介

ミニわかめ授業の様子

ミニわかめ授業の様子

あだち区民まつり (A-Feata2010)

当社は10月に荒川河川敷の「虹の広場」で開催された「あだち区民まつり (A-FESTA)」にブースを出展しました。
あいにくの悪天候でしたが、2日間で約4,000名もの来場者がありました。
当社ブースでは、イベントの趣旨でもある健康づくりに役立つようなクイズを用意し、参加者には新商品のスープをプレゼント。
また、「かつおだし」を題材とした青空教室も開催。「おだしって何から出来ているの?」、「かつお節ってどんな形?」といったクイズのほか、「本物のかつお」が登場するシーンでは、お子さんから大人までビックリする様子も見受けられました。
商品になる前の「素材」を知ることで、食べものの大切さを感じ、食への関心を深めていただけたと思います。

生のかつおに触ってみよう!

生のかつおに触ってみよう!

イベント後半は青空も広がって

イベント後半は青空も広がって

すみだ食育フェスティバル2010

当社は6月に東京・墨田区役所内アトリウム他で開催された、「すみだ食育フェスティバル2010」のギャラリーコーナーにブースを出展しました。
同ブースでは、約2メートルもの生わかめを、実際に海中で揺らいでいる様子がわかるよう、壁に貼り付けて展示。来場された方々から、「わかめってこんなに大きいの?」と多くの驚きの声が聞かれました。
また、わかめの栄養や歴史などのクイズを用意し、身近な食材であるわかめにより一層親しみを持っていただくことができました。

開催3日目には、同区役所アトリウムで、区内の保育園児を対象に「食育ってな〜に」をテーマに、当社社員による寸劇を通じて、わかめが持つ健康機能の素晴らしさをわかり易く紹介。園児の皆さんも、当社員が扮する「わかめ博士」や「わかめちゃん」の演技とトークを真剣に見入っている様子でした。

栄養士を目指す学生の皆さん

栄養士を目指す学生の皆さん

保育園児にわかめの食育

保育園児にわかめの食育

迫力あるわかめ原藻の展示

迫力あるわかめ原藻の展示

CSR
行動規範
環境への取り組み
わかめ製品の
安全への取り組み
食育の取り組み
社会貢献への取り組み
ダイバーシティへの取り組み

▲ このページの先頭に戻る