ホーム > 会社情報 > CSR > わかめ製品の安全への取り組み > 社員教育への取り組み

わかめ製品の安全への取り組みリケンのあんしんシステム

社員教育への取り組み

安全な食品をお届けするためには、知識と意識向上、コミュニケーションも大切な要素。食品衛生、企業倫理など目的を明確にした社員教育、コミュニケーション向上の仕組み作りを行っています。

安全な製品をお届けするために

製品の品質はもちろんのこと、製造工程、パッケージの表示、材質に関しても担当部署が決められており、安全を確認しています。
確認するためには、仕事内容を理解することが必要です。特に製造現場では、いつもと違うことに気付き、報告し、対応するという流れがスムーズであることが、安全な製品を提供することに繋がります。
理研ビタミングループでは、関連する法律の理解はもちろんのこと、一人一人が自分の業務を理解し、縦・横のコミュニケーションを高めることが安全に繋がると考えています。

品質向上に関する会議

品質向上に関する会議

品質保証勉強会

品質保証勉強会

確実な連絡

ISO内部研修ISO内部研修 新入社員教育、中堅社員教育、幹部社員教育など、各レベルに応じた教育を行い、責任と権限の明確化を行っています。
責任と権限を明確化することが、迅速かつ的確な判断をすることに繋がります。判断をするためには、情報が不可欠。理研ビタミングループでは、論議ができる職場作りを心がけています。

倫理観の向上(コンプライアンス教育)

企業の倫理向上は、従業員の意識向上が出発点です。事例やビデオを参考に、定期的な勉強会を実施しています。勉強会の内容は、全体で共通なもの、部門で特徴的なものにわけています。
理研ビタミングループでは、「コンプライアンス・プログラム」を作成し、そのプログラムに沿った活動を行っています。

衛生管理への取り組み

中国での検査指導中国での検査指導 衛生管理活動は、食品を食べることによって引き起こされる危害(食中毒や怪我)を防止するために行います。作業前の手洗い、私物持込禁止、体調管理、防虫なども含まれます。
理研ビタミングループでは、設備・工程の衛生管理はもちろんのこと、従業員の衛生に対する意識向上を目的とした教育を重点的に実施しています。

情報の共有

中国および韓国にある協力工場には、理研ビタミングループから定期的に担当者が訪問しています。人の交流・情報の共有化を推進し、意志と管理レベルの統一化を図っています。

日本側会議風景

日本側会議風景

中国側会議風景

中国側会議風景

関連する情報を見る

CSR
行動規範
環境への取り組み
わかめ製品の
安全への取り組み
食育の取り組み
社会貢献への取り組み
ダイバーシティへの取り組み

▲ このページの先頭に戻る