ホーム > 会社情報 > CSR > CSRレポート2016 > 理研ビタミングループのCSR

理研ビタミングループのCSR

「CSRレポート2016 TOP」に戻る

CSRの考え方

理研ビタミングループでは、従業員が共通認識を持って行動できるよう、理研ビタミングループにおけるCSRの位置付けを示した「私たちの考えるCSR」と、その考えを実践するためにISO26000の7つの中核主題を基に内容を具体化した「CSR基本方針」を定めています。

※ISO26000: 企業を含む組織を対象とし、社会的責任に関する手引を提供する国際規格

私たちの考えるCSR

【CSR基本方針】

【CSR基本方針】 コミュニティへの参画及びコミュニティの発展 人権 労働慣行 環境 公正な事業慣行 消費者課題 組織統治

1. 組織統治

理研ビタミングループが事業を展開する全ての国・地域において法令を遵守し、ステークホルダーに与える影響を考慮しながら事業活動を行います。
また、迅速な意思決定を行うことのできる組織体制のもとで情報を適切に開示し、透明性の高い経営を行います。

2. 人権

多種多様な能力・価値観・発想を持った個性を認め合い、ステークホルダーの人権を尊重した事業活動に努めます。

3. 労働慣行

従業員が安心して働くことのできるより良い職場環境を整えます。
また、円滑なコミュニケーションのもとで能力を発揮し、やりがいを持って働くことのできる、自由闊達な風土づくりを進めます。

4. 環境

理研ビタミングループは、天然原料の有効活用を事業活動の中心に据えています。
地球環境の尊さに感謝し、社会や自然との調和をはかります。

5. 公正な事業慣行

コンプライアンス精神に基づき、公正で誠実な取引を行います。
また、取引先との信頼関係を大切にし、互いの権利を尊重します。

6. 消費者課題

独自性のある原料・技術を活かし、安心安全かつお客さまの満足度を高める商品・サービスを提供します。

7. コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

事業資産や知見を活かして地域貢献度を高め、コミュニティと一体となった発展に努めます。

▲ このページの先頭に戻る

<2015年度の重点的な取り組み>社内へのCSR周知活動

理研ビタミングループでは、「CSR基本方針」に基づき効果的かつ効率的にCSR活動を推進するために、理研ビタミン社長を委員長とする「CSR推進委員会」を設置しています。
CSR推進委員会は理研ビタミングループの活動を包括的に捉え、年度ごとに重点テーマを策定して各テーマに係る活動報告を受けながら、改善事項への対応策や新規提案プランなどを協議・策定し、全社的にCSR活動の内容を高めていきます。

▲ このページの先頭に戻る