ホーム > 会社情報 > CSR > CSRレポート2017 > トップメッセージ

トップメッセージ

「CSRレポート2017 TOP」に戻る

理研ビタミン株式会社代表取締役社長 山木 一彦

「企業にとって社会的責任とは、利潤を拡大させる事であり、利益を上げて納税する事が企業の最大の社会的責任である」という見解が主流で、その活動は狭義のコンプライアンス(法令順守)に合致していればそれで良しという時代があったわけですが、今企業に求められる社会的責任(CSR)とは「企業が社会の一員として、社会と企業の持続的な発展を目指して、主要なステークホルダーとの相互交流を深め、経済・環境・社会問題について、社会の信頼を得るために役割と責任を果たすよう、自主的に取り組むことである」という、より責任レベルが高い広義の概念であります。

理研ビタミングループは「社会に対し、食を通じて健康と豊かな食生活を提供する」ことを経営理念の第一に掲げ、各事業を通じて社会貢献すべく、国内外で活動をしておりますが、CSR活動におきましてもより高いレベルを目指してCSR推進部を中心に「みんな良し」活動を展開しております。
「みんな良し」活動は社会にマイナスの影響を与えないという消極的CSRから社会にプラスの影響を与える積極的CSRへと発展させてゆく活動です。

本業の事業領域においても、全てのステークホルダーが納得し、“世のため、人のため”となるような社会的価値を創造し、存在感のある企業を目指してまいりたいと思っております。

▲ このページの先頭に戻る