ホーム > 会社情報 > CSR > CSRレポート2016 > 消費者課題 〜お客さまの安心安全のために〜

消費者課題 〜お客さまの安心安全のために〜

「CSRレポート2016 TOP」に戻る

品質保証

理研ビタミンでは、お客さまに安全・安心をお届けするために、品質保証部門を他部門から独立させ、品質保証本部を中心として一元的な品質保証体制を構築しています。
原材料調達、商品開発、製造、物流、販売まで、担当部門と協力を図り、全てのプロセスで高い品質保証が達成できるよう、さまざまな取り組みを行っています。
FSSC22000の取得については2015年度中に国内5工場で完了、ISO9001と合わせ、理研 ビタミンの全工場が食品安全を基点とした品質保証体制の構築に努めています。
またフードディフェンスの更なる強化を目的とし、不審者による意図的な危害の防止のため、各生産拠点にモニタリングカメラの設置を推進しています。工場入場ルールの見直し、全従業員に対するフードディフェンス教育の実施など、風土作りも含めた取り組みも行っています。
お客さまからの苦情、品質不適合に対しては、自社ネットワークシステムを活用し、徹底した再発防止と情報共有化を図っています。

▲ このページの先頭に戻る

適時適切な情報の開示

理研ビタミンの商品は、おいしさはもとより、さまざまな品質情報をお客さまに開示することにより安心してお使いいただけるよう、次のような取り組みを行っています。
一般消費者さま向け商品はWebサイトを通じて、商品の原材料ごとに含まれる詳細なアレルゲン情報などを提供しています。
食品原料など、納品先会社からご依頼を受けた商品規格書、調査書などは、文書発行システムを通して発行管理され、正確な情報を迅速に提供します。
新商品の表示内容は表示適合性審査会を開催し審議され、正確で分かりやすい表示が記載 されるように努めています。特に2015年4月施行の食品表示法については新商品から随時 対応を図っており、既存商品も今後順次新法規に合致した表示内容に変更していく予定で す。

▲ このページの先頭に戻る

お客さまとのコミュニケーション

理研ビタミンでは、一般消費者さま向け商品に関するお問い合わせ窓口として「お客様相談センター」を設置しています。お客様相談センターでは、お客さまからのお問い合わせ、ご意見に真摯に耳をかたむけ、ご満足いただける回答をお届けできるよう日々取り組んでいます。
また、寄せられた情報を基に「お客様の声改善部会」を関連部門と定期的に開催しています。当部会で取り上げられた案件は、必要に応じ改善要請の形で担当部門に伝達されます。またお客さまから寄せられたアイデアは、開発部門へ次期商品の参考情報としてストックされます。
お客さまから寄せられたご意見が具体的に改善に繋がった事例は、Webサイトで開示しご紹介しています。2015年度はリケンのノンオイル380mlシリーズペットボトルについて、使い方改善の目的でキャップの色を変更しました。


▲ このページの先頭に戻る