ホーム > 会社情報 > CSR > 行動規範

行動規範

理研ビタミングループ行動規範

基本となる行動規範について

  1. 理研ビタミングループの使命に関して

    (1-1) 社会に貢献する商品・サービスの提供

    私たちは、独自の技術と開発力で差別化された新規性のある商品やサービスの提供により、社会に貢献することを目指します。

    (1-2) 安全で高品質な商品・サービスの提供

    私たちは、商品やサービスの開発・生産・流通にあたっては、関連諸法令を遵守し、その安全性と品質を確保するシステムを整備・運用することにより、顧客の信頼を保持します。

    (1-3) 最適事業領域における持続的発展

    私たちは、会社固有のシーズと能力に基づき、顧客のニーズを的確に把握し、本当に顧客に貢献できかつ利益を生み出せる分野で、持続的発展を目指します。
  2. 法令・企業倫理の遵守

    (2-1) 法令・企業倫理の遵守

    私たちは、国内外の法令や会社の諸規則を遵守し、社会人としての責任と高い倫理観に基づいた行動により、全ての企業活動を行います。

    (2-2) 海外における企業活動について

    私たちは、国際協定に基づく国内法令や関係国の法令・倫理を遵守し、関係地域の文化・習慣を尊重して企業活動を進め、その関係地域の経済的・社会的発展に寄与するよう努めます。

 

ステークホルダーズ (会社をとりまく利害関係者) に関して

  1. 誠実なコミュニケーション

    (1-1) 正確な商品・サービス情報の提供

    私たちは、顧客に対する商品やサービスに関する情報を、法令に定められた商品への表示を含め、正確で分かりやすい用語により提供します。

    (1-2) タイムリーな企業情報の開示

    私たちは、株主への適正な利潤の還元に努めるとともに、株主その他の投資家が適切な意思決定ができるよう、会社の経営に関する情報を、適正かつタイムリーに開示します。

    (1-3) 事故時の措置

    私たちは、万一、会社の商品・サービスに起因する事故が発生した場合は、原因究明、損害拡大防止や再発防止のため迅速に行動するとともに、決定した対応措置等の情報を適時適切に提供し、顧客をはじめ関係者の安全の確保に努めます。
  2. 公正で自由な取引

    (2-1) 公正で自由な競争

    私たちは、国内外の競争関連法令やルールを遵守し、公正で自由な競争を前提とした企業活動を行います。

    (2-2) 公正な購買活動

    私たちは、企業活動に必要な原材料・商品・サービス等の購入先や業務委託先の選定においては、公正で合理的な比較評価基準 (品質・安全・価格・納期など) により決定します。

    (2-3) 節度ある交際・儀礼

    私たちは、事業を展開する各国・地域の法令に従い、政治家や公務員に対する違法な政治献金や不当な利益の提供を行いません。また、取引先等との間の贈物・接待・冠婚葬祭等については、社会常識の範囲内で節度ある対処をします。
  3. 反社会的勢力などとの関係排除

    私たちは、会社法の定める株主への利益供与禁止規定を遵守し、総会屋との関係を排除します。また、市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力・団体とは、断固として対決します。

  4. 環境保全・省資源・省エネルギーへの取り組み

    私たちは、地域社会や自然環境全体への悪影響を抑えることを念頭に、環境関連法令を遵守し、資源・エネルギーの使用量削減や再利用に取り組みます。

働き甲斐のある職場環境について

  1. 人権の尊重と公正な処遇

    私たちは、会社として、国籍・人種・民族・信条・宗教・性別・年齢・容姿・身体的障がい・疾病・社会的身分による不当な差別・いやがらせ・セクシュアルハラスメントを根絶し、かつお互いのプライバシーを尊重する職場作りに努めます。また処遇においては、個人の適性を尊重し、仕事に対する能力と成果を公正に評価するシステムの維持・改善に努めるとともに、雇用関係法令や福利厚生関係の法令・諸規則を遵守し、心置きなく仕事に励むことのできる環境の整備に努めます。

  2. 安全で快適な職場作り

    私たちは、安全衛生関連の法令および会社の諸規則を遵守し、会社として、 労働災害や事故を予防する社内体制を整えるとともに、各人が自らの健康増進と安全の保持を心がけることにより、快適な職場環境を維持していきます。

  3. 円滑なコミュニケーションと目標達成意識の共有

    私たちは、お互いの報告・連絡・相談が支障なく正確に行われ、各人の意見や創意工夫が尊重される中で、それぞれの目標をやり遂げようという強い気持ちが共有される職場作りを目指します。

  4. 柔軟性・創造性の発揮

    私たちは、各自が常により高いレベルの知識・技術を身につけ、それらを柔軟に創造的に活用して、迅速・的確に業務を遂行するよう努めます。

 

その他の重要な行動規範について

  1. 事業資産の保護と適切な使用

    (1-1) 事業資産の保護と適切な使用

    私たちは、会社の設備・備品・資金・情報を、業務以外の目的には使用しません。また、これら資産の紛失・漏出・盗難・不正利用を招かないよう、会社の定めるところに従い、管理を徹底します。同様に、業務で他人の有形・無形の資産を利用する時は、不適切な入手・使用・処分がないよう、十分に配慮します。

    (1-2) 情報管理と未公開情報の不正利用禁止

    私たちは、社内の各種専有情報について、その重要性をよく理解し、機密保持に留意します。また、業務上知り得た未公開情報を、自己または第三者の利益の ために不正に利用しません。
  2. 正確な記録・報告

    私たちは、企業活動に関する記録や報告を、関係法令や会社の諸規則・マニュアル等に則って、正確かつ正直に行います。

  3. 社員個人と会社の関係

    私たちは、家族を含め個人的な利害と会社の利害が相反することがないよう留意し、私生活においても社会人としての品位を保ち、健全な社会常識から逸脱する言動がないよう、自らを律します。

CSR
トップメッセージ
理研ビタミングループのCSR
CSRレポート2016
行動規範
ダイバーシティへの取り組み
環境への取り組み
わかめ製品の
安全への取り組み
社会貢献への取り組み
食育の取り組み

▲ このページの先頭に戻る