ホーム > 法人向け情報 > 化成品改良剤 > 用途から探す > プラスチック > 滑剤

滑剤

プラスチックの成型加工時に滑りを与えるための改質剤が滑剤。当社では、「リケマール」「リケスター」など、脂肪酸エステル系を主成分とする滑剤を製造しています。優れた機能と高い安全性を備えた製品です。

◆滑剤の必要性

滑剤は、プラスチックの成型加工時に滑りを与えるための改質剤です。主な用途はポリ塩化ビニル樹脂用です。ポリ塩化ビニル樹脂は成形温度と分解温度が近いため熱安定剤と滑剤の使用が不可欠です。
熱安定剤は化学的にポリ塩化ビニル樹脂を安定化させる作用があるのに対し、滑剤はその滑り効果により樹脂内部や成形機械との摩擦発熱を減らし、結果的に樹脂を安定化させ成型加工を容易にします。それによって製品外観や生産性も向上するのです。

最近では、熱安定剤は環境にやさしいタイプとしてカルシウム亜鉛系安定剤の伸長が見込まれていますが、特殊脂肪酸エステル系の「リケスター」は成型機械の金属面と樹脂との滑りを良くする優れた機能を有しているため、カルシウム亜鉛系安定剤に対応した滑剤としても注目されています。

◆当社滑剤の需要

今後も環境にやさしい配合へのニーズは高まり、シート、パイプ及びその他成形品用途にも、当社の滑剤需要が拡大すると予想されます。「リケマール」「リケスター」は、ポリ塩化ビニル樹脂以外に、ポリオレフイン樹脂、ポリスチレン系樹脂、ポリアミド樹脂やエンジニアリングプラスチックの滑剤としても使用されています。

プラスチック 機能対応表

 































グリセリン脂肪酸エステル
モノグリセライド
 
グリセリン脂肪酸エステル
アセチル化モノグリセライド
             
グリセリン脂肪酸エステル
有機酸モノグリセライド
         
グリセリン脂肪酸エステル
中鎖脂肪酸トリグリセライド
             
ポリグリセリン脂肪酸エステル  
ソルビタン脂肪酸エステル
プロピレングリコール脂肪酸エステル          
特殊脂肪酸エステル        
高級アルコール脂肪酸エステル          
用途から探す
プラスチック
ゴム
化粧品・洗剤
繊維
機械用潤滑油
塗料・インク
化成品に関するお問い合わせ

▲ このページの先頭に戻る